CHECK

短期間でマイホームを売却できるってホント?不動産買取の豆知識を分かりやすく紹介

このサイトでは、短期間でマイホームを売却できる可能性を持つ不動産買取の豆知識を分かりやすく解説していきます。
その中には、雨漏りが起きている家も瑕疵担保責任が免除されるメリットや仲介では売却が困難なものでも買取保証があることで確実に売却に繋がるなど、様々な観点から解説しているので現在マイホームの売却を検討されている人の中で、急いでいるケースや仲介を利用しているけれども売れ残っている場合など参考にされることをおすすめします。

短期間でマイホームを売却できるってホント?不動産買取の豆知識を分かりやすく紹介

不動産買取は、買取する会社を決めれば直ぐに売却ができるメリットを持つ不動産の取引スタイルの一つです。
一般的に、不動産の取引と聞くと仲介業者を連想される人は多いかと思われますが、仲介の場合は媒介契約を結んでその契約スタイルに応じて取引ができる会社が1社から無数などの相違点が存在します。
不動産買取には色々なメリットがありますが、その中でも最大のメリットは短期間に不動産を売ることができる点、何らかの事情で売りを急いでいる人など不動産買取を利用しては如何でしょうか。

不動産を高くスムーズに売却するコツは不動産買取業者選びにある

不動産買取業者を探すとき、売却希望の物件が買取対象エリアにあること、これは基本的に抑えておくべき部分です。
仮に、買い取り対象エリア外にある不動産を売却したいとなった場合、エリア外などの理由から対応して貰えないこともあるので最初に確認しておきたい項目です。
また、不動産買取業者の多くが、買取対象の条件を設けていて条件に一致していない場合には買取して貰えない、このようなケースがあることも利用前に把握しておくと安心に繋がりますし、スムーズに売却するコツにも繋がって来ます。
買取り業者の条件は、それぞれの会社により異なりますので不動産会社の公式サイトやIR資料を確認するなど、売却したい物件を得意にしているのか否かを確認してから見積もりの依頼をするようにしましょう。
なお、瑕疵物件や再建築不可などの場合、不動産買取を断れてしまうこともあるのでそれぞれの物件の特徴を把握した上で買取先を決めるのがおすすめです。

不動産買取を利用して売却するメリットには何がある?

不動産買取は、仲介とは異なり不動産会社が買取先になるので仲介手数料が発生しないこと、仲介の場合は購入したい人が見つかるまで時間がかかることが多いけれども、不動産買取は買い取って貰える会社を見つければ直ぐに売却ができるなど仲介との相違点が存在します。
ただ、買取価格は仲介を利用して売却するときの相場よりも下がる傾向があるので、基本的には売却を急いでいるときに有利と考えておきましょう。
不動産の中には、瑕疵物件や事故物件と呼ばれるものも存在しているわけですが、瑕疵物件は当事者が予想していない物理的や法律的な欠陥を持つもので、物理的などの場合は雨漏りや白アリ、土壌の汚染や耐震強度の不足など住んでみてから分かるような事象です。
仲介の場合は、瑕疵物件の価格は大幅に下がることもありますし売却希望者が見つからないこともありますが、不動産買取の場合は売れる可能性が高いなどのメリットを持ちます。
さらに、不動産買取では瑕疵担保責任が免責されるなどのメリットを持ちます。

不動産買取にはデメリットもあるのか?

不動産買取の場合、対象となる不動産が瑕疵物件の場合でも瑕疵担保責任免責によりいかなる瑕疵が存在していても免除されるなどのメリットを持ちます。
また、直ぐに売却ができるなどのメリットもありますが、不動産買取では買取価格は市場価格相場の6割から7割程度で売却が下がること、対象になる不動産が限定されることがある、このようなデメリットも存在します。
買取業者を見つけて見積もりを依頼する、このとき数社に見積もりを依頼することで高く売れる会社を見つけることができます。
そのため、売却を急いでいるときなど買取を利用される人が多いようです。
価格が下がる理由の中には、買取後にリフォームやリノベーションを行って住宅そのものに付加価値を設けて再販するなどがありますが、需要が低いと考えられる地域の物件やリフォームもしくはリノベーションが難しいと考えられるほど老朽化しているもの、再建築不可などの物件は買い取って貰えないケースもゼロではありません。

仲介業者では売れない再建築不可物件も不動産買取なら可能なケースも

住宅等の不動産の中には、商品として流通しにくい性質のものがあります。
再建築不可物件もそうしたものの1つで、通常の方法では買い手が見つからないケースが少なくありません。
再建築物件とは、現在は建物が建っている状態だが、それを取り壊してしまうと再び建てることができなくなる物件のことをいいます。
その理由はさまざまですが、代表的な例としては接道義務を果たしていないケース(一定以上の広さを持つ道路に対して十分な間口が開いていない、いわゆる旗竿地に建つような住宅)が挙げられます。
このような物件は、一般の購入者を見つけるのはなかなか困難です。
しかし不動産買取というサービスを利用すれば、売却できる可能性があります。
不動産買取とは不動産会社が買い手探しを仲介するのではなく、自ら物件を購入する不動産取引の手法です。
購入した物件は、プロフェッショナルならではの手法で運用されます。
そのため、たとえば再建築不可物件でも賃貸に供用したり、リノベーションによって長寿命化したうえで売りに出したりと、さまざまな形で商品価値を持たせることが可能なのです。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取の豆知識を分かりやすく紹介

このサイトでは、短期間でマイホームを売却できる可能性を持つ不動産買取の豆知識を分かりやすく解説していきます。その中には、雨漏りが起きている家も瑕疵担保責任が免除されるメリットや仲介では売却が困難なものでも買取保証があることで確実に売却に繋がるなど、様々な観点から解説しているので現在マイホームの売却を検討されている人の中で、急いでいるケースや仲介を利用しているけれども売れ残っている場合など参考にされることをおすすめします。

Search