CHECK

短期間でマイホームを売却できるってホント?不動産買取の豆知識を分かりやすく紹介

このサイトでは、短期間でマイホームを売却できる可能性を持つ不動産買取の豆知識を分かりやすく解説していきます。
その中には、雨漏りが起きている家も瑕疵担保責任が免除されるメリットや仲介では売却が困難なものでも買取保証があることで確実に売却に繋がるなど、様々な観点から解説しているので現在マイホームの売却を検討されている人の中で、急いでいるケースや仲介を利用しているけれども売れ残っている場合など参考にされることをおすすめします。

短期間でマイホームを売却できるってホント?不動産買取の豆知識を分かりやすく紹介

不動産買取は、買取する会社を決めれば直ぐに売却ができるメリットを持つ不動産の取引スタイルの一つです。
一般的に、不動産の取引と聞くと仲介業者を連想される人は多いかと思われますが、仲介の場合は媒介契約を結んでその契約スタイルに応じて取引ができる会社が1社から無数などの相違点が存在します。
不動産買取には色々なメリットがありますが、その中でも最大のメリットは短期間に不動産を売ることができる点、何らかの事情で売りを急いでいる人など不動産買取を利用しては如何でしょうか。

不動産を高くスムーズに売却するコツは不動産買取業者選びにある

不動産買取業者を探すとき、売却希望の物件が買取対象エリアにあること、これは基本的に抑えておくべき部分です。
仮に、買い取り対象エリア外にある不動産を売却したいとなった場合、エリア外などの理由から対応して貰えないこともあるので最初に確認しておきたい項目です。
また、不動産買取業者の多くが、買取対象の条件を設けていて条件に一致していない場合には買取して貰えない、このようなケースがあることも利用前に把握しておくと安心に繋がりますし、スムーズに売却するコツにも繋がって来ます。
買取り業者の条件は、それぞれの会社により異なりますので不動産会社の公式サイトやIR資料を確認するなど、売却したい物件を得意にしているのか否かを確認してから見積もりの依頼をするようにしましょう。
なお、瑕疵物件や再建築不可などの場合、不動産買取を断れてしまうこともあるのでそれぞれの物件の特徴を把握した上で買取先を決めるのがおすすめです。

不動産買取を利用して売却するメリットには何がある?

不動産買取は、仲介とは異なり不動産会社が買取先になるので仲介手数料が発生しないこと、仲介の場合は購入したい人が見つかるまで時間がかかることが多いけれども、不動産買取は買い取って貰える会社を見つければ直ぐに売却ができるなど仲介との相違点が存在します。
ただ、買取価格は仲介を利用して売却するときの相場よりも下がる傾向があるので、基本的には売却を急いでいるときに有利と考えておきましょう。
不動産の中には、瑕疵物件や事故物件と呼ばれるものも存在しているわけですが、瑕疵物件は当事者が予想していない物理的や法律的な欠陥を持つもので、物理的などの場合は雨漏りや白アリ、土壌の汚染や耐震強度の不足など住んでみてから分かるような事象です。
仲介の場合は、瑕疵物件の価格は大幅に下がることもありますし売却希望者が見つからないこともありますが、不動産買取の場合は売れる可能性が高いなどのメリットを持ちます。
さらに、不動産買取では瑕疵担保責任が免責されるなどのメリットを持ちます。

不動産買取にはデメリットもあるのか?

不動産買取の場合、対象となる不動産が瑕疵物件の場合でも瑕疵担保責任免責によりいかなる瑕疵が存在していても免除されるなどのメリットを持ちます。
また、直ぐに売却ができるなどのメリットもありますが、不動産買取では買取価格は市場価格相場の6割から7割程度で売却が下がること、対象になる不動産が限定されることがある、このようなデメリットも存在します。
買取業者を見つけて見積もりを依頼する、このとき数社に見積もりを依頼することで高く売れる会社を見つけることができます。
そのため、売却を急いでいるときなど買取を利用される人が多いようです。
価格が下がる理由の中には、買取後にリフォームやリノベーションを行って住宅そのものに付加価値を設けて再販するなどがありますが、需要が低いと考えられる地域の物件やリフォームもしくはリノベーションが難しいと考えられるほど老朽化しているもの、再建築不可などの物件は買い取って貰えないケースもゼロではありません。

仲介業者では売れない再建築不可物件も不動産買取なら可能なケースも

住宅等の不動産の中には、商品として流通しにくい性質のものがあります。
再建築不可物件もそうしたものの1つで、通常の方法では買い手が見つからないケースが少なくありません。
再建築物件とは、現在は建物が建っている状態だが、それを取り壊してしまうと再び建てることができなくなる物件のことをいいます。
その理由はさまざまですが、代表的な例としては接道義務を果たしていないケース(一定以上の広さを持つ道路に対して十分な間口が開いていない、いわゆる旗竿地に建つような住宅)が挙げられます。
このような物件は、一般の購入者を見つけるのはなかなか困難です。
しかし不動産買取というサービスを利用すれば、売却できる可能性があります。
不動産買取とは不動産会社が買い手探しを仲介するのではなく、自ら物件を購入する不動産取引の手法です。
購入した物件は、プロフェッショナルならではの手法で運用されます。
そのため、たとえば再建築不可物件でも賃貸に供用したり、リノベーションによって長寿命化したうえで売りに出したりと、さまざまな形で商品価値を持たせることが可能なのです。

不動産売却で不動産買取をする時の流れについて

不動産を売却する際に不動産買取を依頼する流れは、まず最初に物件の買取り額の相場などを情報収集しておいてから、不動産会社に簡易査定を依頼します。
簡易査定の段階では複数の会社に対して依頼するのがのぞましく、その後、本命の会社に実際に家に来てもらって本格的な査定や調査をしてもらう訪問査定をお願いします。
査定額に満足ができたら会社との契約をして、物件の引き渡し条件などを話し合いますが、家具の処分やリフォームの費用などについても確認を疎かにしないように注意が必要です。
全ての話し合いが終わったら、不動産買取に必要な書類をそろえて契約書へのサインと押印へ進みます。
契約の締結後は、司法書士の立ち会いのもとで物件の引き渡しの準備へと進み、書類の引き渡しや鍵の受け渡しを行ったら全ての工程が完了です。
不動産買取をした際には、年度末に現在の住所地を管轄する税務署に対して、確定申告をすることを忘れないようにしましょう。

不動産買取を成功させるためには売却価格を調べ上げることが大切

不動産買取を成功させるためには、売却価格を調べておくことが欠かせません。生活費への補填だったり、住み替えのための資金であったりと、不動産を売却する際にはそれぞれ事情があるのが普通なものです。
少しでも高く売るためには、事前に買い取り相場を把握しておくことが欠かせません。不動産買取を紹介するサイトには、エリアや物件タイプ別に売却価格を紹介するものも存在します。
公示地価や路線価といった、一般に公開された情報を元に予想される売却金額を紹介していくのです。
不動産のような高額物件の場合には、取引先によっては数百万単位での差分が生じることも有り得ます。不動産会社の多くでは、事前に受けられる無料カウンセリングを実施中です。
公開される情報を元に、気にいった会社を見つけた際には、気軽に相談に伺うのが良いでしょう。不動産買取を行う際には、仲介を用いた買い手探しと、物件を直接買い取る方法が存在しています。
どちらを用いた売却が適しているかも含めた形で、前もって相談していった方が良いでしょう。

不動産買取を行っている会社が行っている仕事の仕組みの事例

古くなった戸建て住宅を所有している方は、住み替えによって売却をしたり遠方へ引越しすることで売却をしたりと、理由はそれぞれ異なります。
どのような理由であっても直ぐに現金化をしたいと希望する方は、仲介ではなく不動産買取りを行う会社に売却をすることで数日で買取り額を手に入れることができます。
仲介ではなく不動産買取りをしている会社の仕事の仕組みは購入後を前もって決めていることがあり、この判断は土地と建物、コンディションによって違いがあります。
事例の中で最も多い内容では、買取り後に自社でリフォームをした上で価値を上げて再販することが殆どです。リフォームの技術も進化をしているので、リフォーム費用を捻出してもメリットが大きいことが利益につながります。
他の事例では住宅のコンディションが悪い物件をあげることができ、建物の形状を確認してもリフォームを行っても売れる要素が無いと判断されることがあります。
この事例では解体をした上で新築物件を建てて販売をすることで利益を出す仕組みになり、不動産買取会社だけではなく即金を得るという意味合いでは売却を希望する方にもメリットがある売却方法です。

不動産買取では仲介と違って手数料が要らない

住み替えなどの理由でマイホームを売却しようとする場合、通常は不動産会社に仲介を依頼して買い手を探してもらいます。
ただ、これ以外にも方法があります。それは、不動産会社に物件を直接買い取ってもらうというものです。これを、不動産買取といいます。
不動産買取は専門の買取会社が取り扱っているほか、一般の不動産会社でも仲介か直接買取かを選べるようになっているところがあります。
いずれの場合でも、不動産会社に価格を査定してもらい、その額に同意すればただちに売買契約の締結へと進みます。このスピード感が、不動産買取の大きなメリットです。
不動産買取にはもう1つメリットがあります。それは、仲介手数料を支払う必要がないということです。これは言うまでもなく、不動産会社自身が買い手となることによるものです。
手数料の額は各社ごとに異なりますが、3千万円クラスの物件だと100万円を超えることもあるので、不要となると大いに助かります。

不動産買取をして少しでも早く現金化するには

不動産買取を考えた時、少しでも早く現金化したい場合があります。そのような時には、物件のフリマサイトとも呼べる空き家バンクに代表される、仲介を通さない方が結果的に早く現金を手に入れる事が出来ます。
仲介を通さないという事は利点も多くありますが、注意すべき点も多くなります。一つは不動産買取における相場が把握できないという事。
この問題に関しては、売却の見積りを依頼する事で相場を知る事が出来ますが、最低でも2社以上見積りを取る事で比較出来ます。その他に注意すべき点としては、取引相手がどれだけ信用出来るかという点です。
金額の大小の問題ではありませんが、それでも金額が大きくなればなるほど、法的効力を持つ契約書を取引相手と結ぶ必要があります。
仲介を通さない事で起きる問題点として、取引相手の選定は行ってくれない為、自分で相手が信用出来るか見極める必要があります。いざという時の保険を自分でかける手段を多く身に着けておくべきです。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取の豆知識を分かりやすく紹介

このサイトでは、短期間でマイホームを売却できる可能性を持つ不動産買取の豆知識を分かりやすく解説していきます。その中には、雨漏りが起きている家も瑕疵担保責任が免除されるメリットや仲介では売却が困難なものでも買取保証があることで確実に売却に繋がるなど、様々な観点から解説しているので現在マイホームの売却を検討されている人の中で、急いでいるケースや仲介を利用しているけれども売れ残っている場合など参考にされることをおすすめします。

Search